Photoshop(フォトショップ)によるレタッチ例

温度、湿度、風、匂いが感じられそうな、 より臨場感のある、「作品性」の高い写真にします。

レタッチ前 レタッチ後 説明
レタッチ前の鹿 レタッチ後の鹿 鹿の毛並を鮮やかな色彩にし、
目に光を入れ、
森の暗闇を深めることで、
鹿の神々しさを表現する。
レタッチ前の夕日 レタッチ後の夕日 雲の白と空の青を調整。
色調補正のマスクにグラデーションを使うことで、補正の割合を段階的に変化させる。
レタッチ前の桜 レタッチ後の桜 空を澄んだ青に。
雪を冷たい白さに。
花を鮮やかに。
枝をやわらかく。
レタッチ前の竹林 レタッチ後の竹林 色を抑え、
光を射し、
淡いトーンの幻想的な竹林に。
レタッチ前の紅葉 レタッチ後の紅葉 赤い実をより鮮やかに染め、
シックな秋の風景に。
レタッチ前の雪山 レタッチ後の雪山 「色温度」を下げ、
雪の冷たい白さを表現。
レタッチ前の滝 レタッチ後の滝 滝の水しぶき、
岩の冷たさを感じられるように
岩肌をより暗く
緑や水を鮮やかに。

(「レタッチの教科書」より)