資料集

ルール

前へ 次へ

ボウラード

プロテストで行われている実技試験です

ボウラードは、日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)でプロテストの実技試験種目として採用されています。

スキル評価としてのボウラード

  1. ビギナー : 40点未満
  2. C級 : 40 ~ 80点未満
  3. B級 : 80 ~ 150点未満
  4. A級 : 150点 ~ 

おおまかなルール

  • 10個の球を三角に並べる10個の球を三角に並べる
  • ブレイクショットをし、1投目の開始
  • 任意の的球をポケットに入れる
  • ミスするまで、次々ポケットに入れていく
  • ミスをしたら1投目を終了。ミスするまでにポケットインした球の数が1投目の得点
  • 2投目も同様に、ミスするまでにポケットインした球の数が2投目の得点
  • 1枠につき2投。10枠目のみ、2~3投
  • ボウラードサンプル画像1投目ですべての球をポケットインできた場合は、「ストライク」。2投目はなし
  • 2投目ですべての球をポケットインできた場合は、「スペア」
  • ひとつも球をポケットインできなかった場合は、「ガーター」
  • 10枠で終了

得点計算

ボウリングと同じ形式で、得点計算をします。

ボウラードのスコア表(例)

  • 1枠の点数は、1投目にポケットした球の数+2投目にポケットした球の数
  • 「ストライク」(ノーミスで10個の球をポケット)の場合、2投目はナシ。10+次の枠(2投分)の合計+10
  • 「スペア」(1投目で残った球を2投目にすべてポケット)の場合、10+次の枠の1投目のポケット数+10
  • 10枠目は、 イレギュラーな計算をします。
    • 2投目でストライクかスペアを取れなかったら、3投目はナシ
    • 2投あるいは3投した合計を加算。ボーナス点はナシ

ボウラードのスコア表(パーフェクトゲームの例)

(パーフェクトゲームの得点計算例)

前へ 次へ