資料集

ルール

前へ 次へ

フリーボール

まずはフリーボールゲームで練習しましょう


ユニット1 - レベル1の模範ゲーム
ユニット1 - レベル1
  • ナインボールか、テンボールで行う
  • ブレイクで、入らなくてもよいし、手球がポケットしてもよい
  • 番号の若い順に、(キューで手球をつき、的球を)ポケットに入れる
  • 毎回手球はフリーボール
  • 手球(フリーボール)は、ポケットに対してまっすぐにセット
  • どのポケットに入れてもよい
  • じゃまなボールをどけてよい
  • 手球がポケットしてもよい
  • 的球は動かしてはいけない
  • 一番若い的球がポケットしなかったら、選手交代
ユニット1 - レベル2
  • 下記以外は、レベル1と同様
  • 手球を、ポケットに対して角度をつけてセット
  • 手球は、的球に当たったあとで、最低1回クッションするか、または、最低1回、別の的球に当たらなくてはいけない
ユニット1 - レベル3
  • 下記以外は、レベル1と同様
  • 手球を、ポケットに対して角度をつけてセット
  • 手球は、的球に当たったあとで、最低2回クッションするか、または、最低2回、別の的球に当たらなくてはいけない
ユニット2~5 - レベル1~3
  • 下記以外は、ユニット1と同様
  • ユニット2・・・手球をフリーボールにできるのは、2回に1回
  • ユニット3・・・手球をフリーボールにできるのは、3回に1回
  • ユニット4・・・手球をフリーボールにできるのは、4回に1回
  • ユニット5・・・手球をフリーボールにできるのは、5回に1回
  • ターンが回ってきたときは、フリーボールから
  • ターンが回ってきたときに残っている球数が「ユニットX」の「X」より少ない場合は、フリーボールにしないでプレー
前へ 次へ